授賞式写真
高松宮殿下
 1905年(明治38年)大正天皇の第三皇男子としてご誕生。昭和天皇の弟宮。
  1929年、財団法人日本美術協会の総裁にご就任。1987年にお亡くなりになるまで58年間、協会の指導にあたられた。芸術、スポーツの振興には特にご熱意を注がれ、若い芸術家の育成については本人に気づかれないようにと、画廊でひそかに作品をお買い求めになるなど、その支援にもお心を配られた。
  第二次世界大戦の時代、殿下は日米開戦の回避に努力され、戦争末期には徹底抗戦を叫ぶ軍部に対して早期終結の強いご意志をお示しになって行動された。このことは「高松宮日記」全8巻に詳しい。戦後の混乱期からやがて経済成長をとげた日本の中で、殿下は常に「国際理解は文化、芸術を通じて」とお説きになった。そのお心を継いで「高松宮殿下記念世界文化賞」が生まれ、「若手芸術家奨励制度」の発足にまでつながっている。

  喜久子妃殿下は、徳川幕府最期の将軍慶喜公の孫にあたられる。2004年12月18日にお亡くなりになるまで、高松宮殿下が活動されてきた社会事業を引き継がれると共に、「高松宮妃癌研究基金」を設立されて、がん撲滅への支援に力をそそがれました。
  「高松宮殿下記念世界文化賞」の設立を大変喜ばれ、1996年までは授賞式典にご出席、また91年から98年までは、式典の翌日、受賞者や国際顧問を東京・高輪の宮邸に招いて、午餐会を主催された。午餐会では「殿下のお名前がついた賞が育ってきて、とてもうれしく思います」と、心のこもったおもてなしをされ、参会者に深い印象を残されました。