授賞式写真
日本美術協会小史
1879(明治12) 日本美術協会の前身組織、「龍池会」発足
1880(明治13)

前年内務省博物局が開催した『観古美術会』を継承し、第2回を開催(以後毎年開催)

1887(明治20)

上野公園内の宮内庁保有建物の下賜と敷地の無償貸与を受け、美術展示館建設着手

日本美術協会設立(「龍池会」 改組)

初代総裁 有栖川宮熾仁殿下

1888(明治21)

美術展示館(列品館)落成

展覧会名称を『美術展覧会』と改める

1895(明治28) 有栖川宮威仁殿下、総裁にご就任
1897(明治30)

1900年パリ万国博覧会に出展する日本古美術展のため、作品の選定に奔走

1900(明治33)

新館竣工。日本における美術工芸保護奨励の中央機関としての体制を確立

パリ万国博覧会

1913(大正2) 久邇宮邦彦殿下、総裁にご就任
1921(大正10) 皇室のご下賜金、三井、三菱財閥の援助で美術館本館落成
1923(大正12)

関東大震災で列品館を除き焼失

その後仮事務所と倉庫建設
1929(昭和4) 高松宮殿下、総裁にご就任
1943(昭和18) 戦争激化により『美術展覧会』123回で休止
1947(昭和22) 徳川慶光、会頭に就任。活動再開、会館建設に向け奔走
1950(昭和25)

団伊能、会頭に就任。前年より日本画三派展覧会開催

(昭和36年頃まで)
1966(昭和41) 都知事より美術展示館建築計画の許可が下り、着工
1968(昭和43) 美術展示館竣工
1971(昭和46) 岸信介、会長に、鹿内信隆、副会長に就任
1972(昭和47)

美術展示館を上野の森美術館と改称

以降、『桃山・江戸・明治300年の美術展』、『巨匠画家の彫刻展』、『ピカソ陶芸展』など大型美術展を開催

1983(昭和58) 『上野の森美術館絵画大賞展』 始まる
1987(昭和62)

常陸宮殿下、総裁にご就任

中曽根康弘、会長にご就任
1988(昭和63)

「高松宮殿下記念世界文化賞」創設

国際顧問推薦委員会発足
1989(平成元年)

鹿内信隆、会長に就任

「世界文化賞」 第1回受賞者発表・授賞式開催
1991(平成3) 瀬島龍三、会長に就任
1993(平成5) 『ニューヨーク近代美術館展』 開催
1997(平成9) 世界文化賞「若手芸術家奨励制度」 発足
2001(平成13) 『ニューヨーク近代美術館名作展』 開催
2002(平成14) 『ピカソ―天才の誕生バルセロナ・ピカソ美術館展』 開催
2005(平成17)

世界文化賞受賞者ジグマー・ポルケの日本で初となる個展 『不思議の国のアリス』開催

2006(平成18) 上野の森美術館別館 落成
2008(平成20)

「高松宮殿下記念世界文化賞」20周年

日枝久、会長に就任