Giulio Paolini
©️ archivio Paola Ghirotti

ジュリオ・パオリーニ

Giulio Paolini

プロフィール

 長年、イタリア・トリノを拠点に活躍する美術家。実存主義思想と現象学の影響の中で、1960年代後半に生まれた芸術活動「アルテ・ポーヴェラ」の展覧会に参加し、主要作家の一人として知られるが、 その範疇に収まり切らない独自の志向を持つ。これに先立ち1960年代初頭から「絵画」を根本的に考察する作品を発表し、独自の境地を開く。「作品は芸術家の行為に先立って存在している」とし、絵の材料から透視図法、描かれるイメージ、過去の名品、絵をめぐる視線や展示空間に至るまで、絵画の構成要素を紐解きつつ、作品成立の根拠を問い続けてきた。日本での展覧会(1987年と1997年)や、世界各地の美術館・ギャラリーで個展を開催。オペラ・演劇のセットデザインも数多く手掛ける。フランス芸術文化勲章オフィシエ(2002年)など受賞(章)多数。

詳しく

 現代イタリアを代表する美術家。ジェノヴァに生まれ、幼少期をベルガモで過ごし、8歳の時、子供絵画コンクールで優勝するなど早くから画才に恵まれた。1952年、家族と共にトリノに移り、現在も同地で暮らす。
 デザイナーのブルーノ・ムナーリ、アルベ・スタイナーらが活躍し、イタリアのグラフィック文化が花開いた1950年代、州立産業技術学校でグラフィックや写真を学んだことが、後の創作に影響を与えたという。
 1960年、最初の作品《幾何学的図面》を制作。「絵画」を定義づける人間の認識構造に興味を持ち、絵画そのものを追究。1964年、ローマのギャラリーで開いた初個展で注目された。
 1960年代後半には親友で批評家、ジェルマーノ・チェラントが先導した芸術活動「アルテ・ポーヴェラ」の展覧会に参加。理論や言説を共有し、その重要作家と見なされることも多いが、パオリーニの芸術はその範疇に収まりきらない独自の志向を持つ。
 美術史の名品から着想し、見る者と見られる物、時間や空間、美術をめぐる枠組みなどに揺さぶりをかける作品が目立つ。ルネサンス期の画家ロレンツォ・ロットが描いた若者の肖像画を原寸大写真で展示することで、画中の若者が見つめる画家の存在を暗示する《ロレンツォ・ロットを見る若者》(1967年)や、同じギリシア彫刻の石膏像2つを対面配置し、両者を隔てる空白まで表現したという《ミメーシス(模倣)》(1975-76年)などは、その代表例だろう。
 絵画や写真、彫刻など多様な表現で構成される展示は、いずれも詩的で内省的な空間を生み出している。世界各地で展覧会を開き(日本では1987年と1997年)、ヴェネツィア・ビエンナーレやドクメンタといった国際展にも参加してきた。
 2020-21年に80歳記念の回顧展、2022年もフィレンツェのノヴェチェント美術館で個展『現在とはいつですか?』(9月7日まで)を開催。「私は常に作品に自分を投入することを避けてきたが、今回は私という存在についてある種の示唆がある」と新境地を見せている。
 演劇・オペラの舞台デザインでも独創性を発揮し、近年ではナポリのサン・カルロ劇場で上演されたワーグナーのオペラ『ワルキューレ』『パルジファル』のセットで高い評価を受けた。
 「仕事と休息の区切りはない。芸術家にとって仕事は休息」と、今も精力的に創作活動を続けている。

略歴

  1940 イタリア・ジェノヴァ生まれ
  1954-59 州立産業技術学校のグラフィック・写真科で学ぶ
  1960 初のキャンバス作品 《幾何学的図面》 を制作
  1961 第12回プレミオ・リッソーネ展に出品
  1964 初の個展を開催(ローマ、ラ・サリータ画廊)
  1967 アルテ・ポーヴェラ展参加(ジェノヴァ)
  1969 演劇「ブルータス二世」(トリノ・ゴベッティ劇場)で初の舞台セット・衣装デザインを担当
  1970 ヴェネツィア・ビエンナーレ
  1971 パリ・ビエンナーレ
  1972 ドクメンタ5
  1973 サンパウロ・ビエンナーレ特別賞
  1974 ニューヨーク近代美術館(MoMA)で個展
  1979 シドニー・ビエンナーレ
特別展「近代イタリア美術と日本―作家の交流をめぐって」(大阪・国立国際美術館)参加
  1981 DAADアーティスト・イン・レジデンス(ドイツ・ベルリン)
「イタリアン・アイデンティティ展」(ジョルジュ・ポンピドゥー国立芸術文化センター)参加
  1987 『ジュリオ・パオリーニ展』(ICA名古屋)
  1997 「イタリア美術 1945-1955」巡回展で初来日(愛知、東京、鳥取、広島)
  2000 ザルツブルク国際サマーアカデミー描画クラス
  2002 フランス芸術文化勲章オフィシエ
  2004 ジュリオ・アンド・アンナ・パオリーニ財団設立
  2006 オペラ「ワルキューレ」(2005/ナポリ、サンカルロ劇場)のセットデザインでフランコ・アッビアーティ賞
  2015 ブレラ美術アカデミー名誉会員(ミラノ)
  2020-21 リヴォリ城現代美術館で生誕80周年記念の回顧展(トリノ)
  2022 ノヴェチェント美術館で個展(フィレンツェ)