トッド・ウィリアムズ
ビリー・ツィン

Tod Williams & Billie Tsien

プロフィール

 米ニューヨークを拠点に活動する建築家夫妻。1977年から協働、1986年にパートナーとなり、研究所や博物館、学校など営利目的ではない建物の設計を多く手掛ける。建築物の価値や利用方法を重視しながら、素材や構造を緻密に分析。環境に溶け込み、“手造り感”のあるデザインは穏やかで温かみのある空間を創り出す。米カリフォルニアの『神経科学研究所』(1995)で注目され、香港やインドなど国内外で多数のプロジェクトを成功させた。代表作の米フィラデルフィアの『バーンズ財団美術館』(2012)は自然を取り入れたデザインで、旧館の邸宅美術館の荘厳な雰囲気を見事に再現。オバマ前大統領とミシェル夫人により、米シカゴの『オバマ大統領センター』(2022年完成予定)の設計者に選ばれ、話題となっている。

詳しく

 米ニューヨークを拠点に1977年から協働し、1986年にパートナーとなった建築家夫妻。高層ビルや商業的なプロジェクトには興味を示さず、学校や美術館などを中心に手掛ける。デザインの動機となるのは、建物に対する共感だという。
 「クライアントは誰なのかを考えることから始めます」と、ウィリアムズ。ツィンも「私たちの仕事は本質を形作るものの理解に努めること。同じ価値観がないプロジェクトには取り組めません」と続ける。
 建物の価値や、どのように利用されるかを重視しながら素材や構造、光などを緻密に分析し、新しい可能性を模索し続ける。特定の木や石、金属といった素材は、見る者の想像力をも喚起させ、結果として“手造り感”のある、穏やかで心地良い空間を創り出す。
 代表作の米フィラデルフィアの『バーンズ財団美術館』(2012)は、そんなデザイン哲学が詰まった作品だ。
 この美術館には、印象派の作品を中心に、ルノアール、セザンヌ、マティス、ピカソ、モジリアーニらの絵画900点以上が展示されている。以前は庭園に囲まれた郊外の邸宅美術館に展示されていたが、これを都市部に移転し、絵画の展示方法まで復元するという異例の挑戦だった。館内に中庭を設計し、庭園の雰囲気を見事に再現。美術館内部は荘厳さを保ちつつ、光が差し込み、静かな外観とは対照的な斬新な風景が広がる。
 「私たちがデザインする建物は『人間みたいだ』と言っています。所属性を持たせつつも、中に入ると驚きがあるようにしたい」とツィンは話す。
 中西部ミシガン州で生まれたウィリアムズと、中国系米国人でニューヨーク州出身のツィン。異なる文化的背景を持つ二人は「意見が合わず、議論になる」と笑うが、「一緒に仕事をするのが好き。別々で多くの仕事を引き受けたとしたら質は半減してしまう。遅さや複雑さは不可欠です」とウィリアムズ。二人の朗らかな関係がそのまま建築に投影されているようだ。
 カリフォルニアの『神経科学研究所』(1995)や、ニューヨーク近代美術館(MoMA)の拡張のために2014年に取り壊された『アメリカ民俗芸術美術館』(2001)を始め、香港やインドでもプロジェクトを成功させた。大学で教鞭を執るなど後進育成にも力を注ぐ。2016年、オバマ前大統領とミシェル夫人により、シカゴの『オバマ大統領センター』(2022年完成予定)の設計者に選ばれ、一段と注目を集めている。

略歴

  1943 ウィリアムズ:ミシガン州デトロイト生まれ
  1949 ツィン:ニューヨーク州イサカ生まれ
  1977 トッド・ウィリアムズ建築事務所(1973~)にて二人が協働を開始
  1986 トッド・ウィリアムズ&ビリー・ツィン・アーキテクツ/パートナーズを設立
『プリンストン大学ファインバーグホール』 (米・プリンストン)
  1988 『ホイットニー美術館ダウンタウン別館』 (ニューヨーク)
  1992 『ヴァージニア大学ヘレフォード・カレッジ』
  1995 『神経科学研究所(NSI)』(サンディエゴ)
  1996 『フェニックス美術館』
  1999 『クランブルック屋内プール』(米・ブルームフィールド・ヒルズ)
  2001 『アメリカ民俗芸術博物館』 (ニューヨーク)
  2003 クーパー・ヒューイット・デザイン賞 (米)
  2006 『ペンシルベニア大学スカーカニック・ホール』
  2008 『カリフォルニア大学バークレー校CVスター東アジア図書館』
  2011 『公的活動推薦センター』 (米ベニントン大学)
  2012 『バーンズ財団美術館』(フィラデルフィア)
『アジア・ソサイエティ香港センター』(香港・アドミラルティ)
『シカゴ大学ローガン芸術センター』
『在メキシコ米国大使館』受注(2022年完成予定)
  2013 『レフラック・センター・アト・レークサイド』 (ニューヨーク)
ナショナル・メダル・オブ・アーツ受賞(アメリカ)
米建築家協会(AIA)の建築事務所賞
  2014 『タタ・コンサルタンシー・サービス・バニヤンパーク』 (インド・ムンバイ)
王立英国建築家協会よりインターナショナル・フェローシップ
  2016 『エネルギー・環境問題アンドリンジャー・センター』 (米プリンストン大学)
『オバマ大統領センター』受注 (シカゴ、2022年完成予定)
  2019 『フード美術館』(米ダートマス大学)