Wim Wenders
Photo: Beata Siewicz

ヴィム・ヴェンダース

Wim Wenders

プロフィール

 数多くの映画賞を受賞している映画監督兼写真家。冷戦下の西ドイツで育つ。画家を目指してパリに渡るも「シネマテーク・フランセーズ」の常連になり、映画に熱中。1960年代から映画製作者として働き始め、ロードムービーの名手としても知られる。『パリ、テキサス』がカンヌ国際映画祭パルム・ドール、『ベルリン・天使の詩』がカンヌ国際映画祭監督賞に輝いた。大の親日家で、小津安二郎監督の影響を受け、オマージュ作品『東京画』を製作。舞踊家・振付家ピナ・バウシュ(1999年演劇・映像部門)のドキュメンタリー『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』は3D映画の最高峰とされる。「究極のロードムービー」という『夢の涯てまでも』が一番好きな作品と評する。最新作は、安藤忠雄氏らの設計による東京・渋谷の公共トイレが舞台で、清掃員役の役所広司を主演に2022年秋に撮影、2023年に公開予定。

詳しく

 数多くの映画賞を受賞している映画監督兼写真家。敗戦間もない廃虚の広がるドイツに医者の息子として生まれ、冷戦下の西ドイツで育った。米国に憧れ、子供時代はアメリカン・コミックスなどに夢中になり、1978年から7年間、米国に滞在した。
 大学では医学を学ぶが断念。絵に熱中し、画家を目指してパリに渡るが、旧作を上映する「シネマテーク・フランセーズ」の常連になり、そこで黒澤明監督の作品など1千本以上の世界中の名作を鑑賞したという。
 1960年代から映画製作者として働き始め、米国で初めて撮影した『都会のアリス』(1974年)をはじめ、『まわり道』(1975年)、『さすらい』(1976年)と、旅がテーマの「ロードムービー三部作」を製作。「米国に別れを告げる作品」という『パリ、テキサス』(1984年)でカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞。このサウンドトラックは、米国のギタリスト、ライ・クーダーが即興で作った。
 ベルリンの壁が崩壊する2年前に製作し、カンヌ国際映画祭監督賞を受賞した『ベルリン・天使の詩』(1987年)については、「(壁崩壊は)誰もが夢にも思っていなかった。もはや存在しないベルリンの歴史的ドキュメント」と振り返る。
 親日家としても知られ、1977年の初来日以来、来日する度に、「いつも故郷に帰ってきたような気持ちになる」と言う。特に、傾倒する小津安二郎監督から大きな影響を受け、オマージュ作品『東京画』(1985年)を製作した。
 自身の一番好きな作品には、日本など9か国20都市で撮影した『夢の涯てまでも』(1991年)を挙げる。「究極のロードムービー」と評するが、当初の劇場公開版が短くカットされたことから、最終的には2時間以上も長い『ディレクターズカット版』を公開した。
 長年交流のあった舞踊家・振付家、ピナ・バウシュ(1999年演劇・映像部門)が亡くなった2年後に完成させた作品『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』(2011年)は、3D映画の中で最高峰と絶賛されている。
 「映画、写真などのライフワークをまとめ、一般の人々がアクセスできるようにする」ため、写真家の妻、ドナータと共にヴィム・ヴェンダース財団を設立(2012年)、20本の映画を復元、デジタル化した。
 最新作は、安藤忠雄氏らの設計で東京・渋谷区内に設置された公共トイレが舞台で、清掃員役の役所広司を主演に2022年秋に撮影、2023年に公開予定。

略歴

  1945 ドイツ・デュッセルドルフ生まれ
  1966 画家を目指しパリへ渡り、映画と出会う
  1967 帰国後、ミュンヘンテレビ映画大学入学、映画監督として活動開始
  1970 『都市の夏/キンクスに捧ぐ』で長編デビュー
  1972 『ゴールキーパーの不安』(1971)でヴェネツィア国際映画祭国際映画批評家連盟賞
  1976 制作会社「ロード・ムービーズ」設立
  1982 『ことの次第』でヴェネツィア国際映画祭金獅子賞
  1984 『パリ、テキサス』でカンヌ国際映画祭パルム・ドール、英国アカデミー賞最優秀監督賞
ベルリン芸術アカデミー会員
  1987 『ベルリン・天使の詩』でカンヌ国際映画祭監督賞
  1991 『夢の涯てまでも』(第4回東京国際映画祭特別招待作品)
  1993 フランス芸術文化勲章コマンドゥール
  1996-2020 ヨーロッパ映画アカデミー会長
  2000 『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』(1999)でアカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞ノミネート、ドイツ映画賞金賞
『ミリオンダラー・ホテル』でベルリン国際映画祭審査員賞銀熊賞
  2003 ドイツ写真学会文化賞
  2004-17 ハンブルク美術大学映画学部教授
  2006 プール・ル・メリット勲章、連邦共和国功労勲章(ドイツ)
「ヴィム&ドナータヴェンダース写真展〜尾道への旅」(東京・表参道)
  2011 『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』でヨーロッパ映画賞ドキュメンタリー賞、アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞ノミネート
  2012 ヴィム・ヴェンダース財団設立
  2014 『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』でカンヌ国際映画祭ある視点部門特別賞、アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞ノミネート
  2015 ベルリン国際映画祭金熊名誉賞
  2017 ジョルジュ・ビゼーの『真珠採り』でオペラ舞台監督デビュー(ベルリン国立歌劇場)
  2021 サラエヴォ名誉ハート賞(サラエヴォ映画祭)
  2022 オックスフォード大学名誉博士号